法人研修


タレントダイナミクスは、会社組織をより早く、

そして社員に負担なく「フロー」に乗せることができるビジネスメソッドです。

 

フローに乗っているというの は、

つまり流れを妨げるような障害物が存在していない状態です。

会社がフローに乗ると、生産性は格段に上がり、

業績は必然的にプラスとなります。

 

会社のフローがどれくらいであるかは、

社員一人ひとりの活用レベルと満足感によって決定されます。

 

社員がフローに乗れば、社員は会社に引き寄せられ、離職率は自然と下がります。

顧客もまた同様です。社員個人がフローに乗れば、

チームもフローに乗り、最終的には組織全体がフローに乗ります。

 

個人がフローに乗るとチームダイナミクスが動き出します。

メンバー各自がチーム全体のフローに貢献することにより、

創造性、効率性が強化され、常習的な欠勤、怠惰、先送り、

否定的態度などが格段に減少していくのです。

 

タレントダイナミクスのシステムは会社のフローを3つのレベルで評価します。

それは、個人レベル、部署・チームレベル、そして企業レベルの3つで、

各レベルにおいてコミュニケーション、リソース、

そして収益性におけるフローを強化するためのツールを提供しています。

 

このプロセスにおいて重要なコンセプトは「アイデンティティ」

「責任」、「信頼」、そして「継続」です。

これらは企業においてそれぞれ測定かつコントロールが可能な要素です。

 

タレントダイナミクスが有効である理由は、

チームを組織の中核にある「ビジョン」、「精神」、

そして「目的」に意識を集中させることにより、

パフォーマンスと収益性の面で画期的な効果を生むことができるからです。


法人研修プログラム


 

タレントダイナミクス法人研修で期待できる効果


  • 参加者それぞれが、他チームメンバーから自分の「強み」と「弱み」を学ぶ
  • 「信頼」づくりと「フロー」づくりへの自分の道筋を確認する
  • 参加者それぞれが、フローに乗るための責任を持つようになる
  • 個人的な情熱を組織内における業務と一体化させる
  • すぐに実行できるアイデアを得る

スクリーンショット 2015-10-11 23.08.10


タレントダイナミクス法人研修導入の流れ


 

お客様のご要望等をヒアリングし、

目的に合わせていくつかのモジュールを組み合わせて行ないます。

それぞれのモジュールは結果重視の

独立したエクササイズになっています。

この1日法人研修では、チームの強み、弱み、

そして収益や生産力を即時に向上させる解決案を見出します。


タレントダイナミクス法人研修コンテンツの一例


 

  1. チームの最大の目的を整理・理解する
  2. チームメンバーのタレントダイナミクスプロファイルを学ぶ
  3. チームメンバーの強み、弱みを知る
  4. 信頼とフローを作り出す方法、また削ぐ原因を知り、生産力にインパクトを加える
  5. シンプルかつ効果の大きい改善策を生むためのディスカッションと行動計画づくり

対象


 

タレントダイナミクスが提供しているプログラムにおいては、

5つのレベルをご用意しています。

企業のサイズやニーズによって、この5つのレベルの中から、

御社にとってもっとも適切なレベルを選んでください。

 

レベル1: 個人

多くの企業はチームまたは企業レベルを選択しますが、

個人レベルを選択するケースも間々あります。

この場合、CEOとの個人セッションや

それぞれのチームリーダーたちを対象としたワークショップとなります。

チームの業績よりも個々人の業績にフォーカスを置く企業に

最適のレベルです。

 

レベル2: チーム

タレントダイナミクスを活用するには

もっとも一般的なエントリーレベルです。

企業内の1チームにタレントダイナミクス法人研修を導入し、

チームの業績が向上するというモデルを得ることによって、

企業内の他チームにもタレントダイナミクスを導入しやすくなります。

 

レベル3: 部署

部署や支店があり、それぞれに

いくつかのチームがあるような大きな企業では、

それぞれ個々のチームがタレントダイナミクスプロファイルを

理解した後にこの1日ワークショップを取り入れると効果的です。

そこでは部署内における個々の隔たりを

タレントダイナミクス的にハイライトしていきます。

 

レベル4: 企業

1つのチームで運営している中小企業のエントリーポイントです。

タレントダイナミクス的洞察によって

提供される様々な解決策を求めている企業、

または全部署が関係する問題解決を求める企業を対象としています。

 

レベル5: ステークホルダー

「信頼」と「フロー」を顧客、パートナー、サプライヤー、

そして株主間において築くことが、

タレントダイナミクスプログラムが目指す最終ポイントです。

このセッションにおいては、

全てのセクターにおける企業のステークホルダー代表者が関わります。

レベル5のワークショップにおいて従業員と顧客が目を覚まし、

協調的解決策を導きます。

 


コメントは受け付けていません。